春日部セントノア病院

川越セントノア病院 総合
トップ
取り組み
施設案内
スタッフ紹介
イベント紹介
入院案内
職員募集
病院新聞
病院の沿革

病院短信

2014年3月
『ノロウイルスとインフルエンザ』
横浜の小学校で約700人、米の豪華客船では乗客乗員合わせて約700人が、千葉県の病院で12人(1名死亡)、埼玉県所沢の高校では約270人の生徒が欠席し学校閉鎖、静岡県浜松では約900人の児童が欠席…。今年に入ってから全国的にノロウイルスが猛威を振るい、この他にも局地的に発生した集団感染の報道が後を絶ちません。
一方、厚生労働省は昨年の12月にインフルエンザの流行期が始まったと発表、今年1月末には都心でのインフルエンザ患者報告数が急速に拡大したとして福祉保健局から流行警報が発表されました。
この“流行”ですが、全国5000の医療機関が協力して作られている患者発生動向の調査を目安にしていて、平均して一医療機関当たり一人以上発生すると『流行期が始まった』とされるそうです。例年のインフルエンザ流行期は、1月に入ってから拡大し、2月にかけてピークを迎え、3月くらいまで続くようです。
当院でも手洗いや器具の消毒を始め感染予防のために様々な対策を行っていますが、皆さんもマスク・手洗い・うがいの基本と『咳エチケット』を心掛けましょう。感染していなくても咳やくしゃみの出る場合はマスクをつけるのがエチケットです。マスクが無い時はティッシュやハンカチで代用し、捨て方にも注意が必要です。
感染症予防5つのポイントをご紹介します。
1 栄養バランスの良い食事を三食きちんと摂る
2 夜更かしせず十分な睡眠で生活リズムを整える
3 外で適度に運動し体力をつける
4 室内の換気と温度・湿度の調整を心掛ける
5 人混みを避けるようにする
6 うがい・手洗いは忘れずに行いましょう
幸い当院の患者さんには今現在ノロウイルス・インフルエンザどちらも感染者が出ていませんが、まだまだ油断はできません。
よく 行く1月、逃げる2月、去る3月 と言いますが、3月末にはノロウイルスやインフルエンザの話題がTVや新聞から去っている事を願っています。
皆さん一人一人が感染源とならないよう、症状がある方は早めに医療機関を受診しましょう!
3病棟師長 渡辺 仁美