春日部セントノア病院

川越セントノア病院 総合
トップ
取り組み
施設案内
スタッフ紹介
イベント紹介
入院案内
職員募集
病院新聞
病院の沿革

病院短信

2015年8月

『笑いと健康』

 

暑中お見舞い申し上げます。

開設10年目を迎えている病院と同様、私自身も入職10年目、師長職10年目(2病棟3年、3病棟5年、1病棟2年目)を迎えています。当然のことですが、10歳年齢を重ねたということになります。健康管理には十分気を使っていますが、何故か年2回、声が出なくなる風邪?に罹ってしまい、皆様にご迷惑をかけている次第です。自分では若いつもりでいますが年にはかなわないという事でしょうね。私たちの仕事は、入浴介助・おむつ交換・トランス(移乗)・体位交換など、主に体力を使う事が大半です。自分が健康で元気でなければ、相手を思いやり良い結果を出すことは難しいと思います。そこで今回は、独立行政法人国立病院機構函館病院院長 伊藤一輔先生著書「いつも笑っていますか」より「笑いの健康効果」についてご紹介したいと思います。

「笑う門には福来る」「笑いは百薬の長」など、笑いが健康に良いということわざは世界中にあるそうですが、近年、医学的な研究からも、笑いが健康に大きな効果があることがわかってきました。笑いの効果の凄いところは、これらの変化が笑いのすぐあとに起きることです。これだけ速く効き、効果があり、いつでもどこでもできて、しかも費用がかからず、副作用がなく気持ちがいい薬はほかにはありません。
笑いの健康効果として、免疫力のアップ、糖尿病の予防・改善、関節リウマチの改善などがありますが、中でも私が注目したのは、リラックスのために働く副交感神経の活性がアップし、ストレスホルモンが消え、脳波がリラックスした状態に変わる【こころの健康】と、脳の血流が増え、脳内のやる気が出るホルモンや癒しのためのホルモンの分泌が増える【活力アップ・認知症の予防】でした。

楽しく笑うためには、きちんと3食食べる・毎日身体を動かしたり適度な運動をする・しっかり睡眠をとるなど健康的な生活習慣を守ることが大切です。ちなみに、つくり笑いでも免疫力がアップするなどの効果はあるそうです。笑いは笑いを呼びます。笑いを心がけるだけで周囲に笑いの輪が起き、その輪が本当の笑いを招いてくれます。つらい時こそ「にもかかわらずの笑い」を忘れずに、笑いとユーモアを糧に、笑顔でこころ安らかに健康に生きていきましょう!毎日笑って、すこやかな日々を送りましょう!

 

すべては患者さんのために、自分のために!!

 

1病棟師長 渡辺 仁美