春日部セントノア病院

川越セントノア病院 総合
トップ
取り組み
施設案内
スタッフ紹介
イベント紹介
入院案内
職員募集
病院新聞
病院の沿革

病院短信

2007年4月

「暑さ寒さも彼岸まで」
 今年は記録的な暖冬であったとか。また房総の初雪が3月19日に観測され、観測史上最も遅い初雪だと聞きました。しかし彼岸寒波は厳しく、サクラの開花予想も大幅に狂ってしまったようです。何か今の世界情勢に類似している感じがします。
春日部セントノア病院も開設して1年と1ヶ月、今年の3月2日に満床の日を迎えました。迎える人、去る人、延べ人数は270名以上になりました。その間、世間を騒がせた感染症(ノロウィルス・インフルエンザ)による当院への侵入もなく過ごせた事は、職員の努力は勿論の事、ご家族のご協力の賜物と感謝しています。
満床になり、さてこれからの病院は?と考えた時、まずは初心に戻り、当病院の運営理念をしっかり心に刻み、職員一同明るく元気に働ける環境作りと、入院患者さんやご家族に安心して頂けるような生活の場としての病院作りに日々精進しなければと思います。
病院の桜の花ももうすぐ咲きそうです。皆さんの心の中にも一杯の桜を咲かせる事が出来ますようにと願っています。


看護部長 住安 秀子