春日部セントノア病院

川越セントノア病院 総合
トップ
取り組み
施設案内
スタッフ紹介
イベント紹介
入院案内
職員募集
病院新聞
病院の沿革

病院短信

2007年6月

 6月の雨、何となくうっとうしく憂鬱な気分になりますが、小雨に濡れて健気に咲く紫陽花はきれいで、優しい気持ちになれます。
 2病棟はこれまで約100人の患者さんの入退院に携わってきました。やっと満床となり、患者さんも職員も落ち着いた日々を送れるようになりました。「今日は何をしようか?歌にする?ゲームにする?」「お天気がいいから散歩にしよう」など、患者さんに喜んで楽しんでもらえるような企画を考えるゆとりも出てきました。その一つとして、病棟スタッフ同好会による『大正琴』を始めています。仕事が終わった後に猛練習です(仕事の時以上に真剣な顔だねと主治医の先生に冷やかされています)。まだまだ未熟で、とても人様に聴いてもらうレベルではありませんが、それでも患者さんは楽しそうに聴いてくれます。知っている曲には歌声も出るようになり、拍手まで頂いています。
入院以来一度も声を出したことのない患者さんが、音楽に合わせて頭でリズムを取り「あーあー」と声を出した時には、スタッフ全員が驚きと感動と喜びを感じる事が出来ました。きっとこんなちょっとした事が、私たちのやりがいに繋がっていくのだと思っています。
いつか患者さんと一緒にミニコンサートでも出来たらいいなぁと思っています。

 

2病棟師長 渡辺仁美