春日部セントノア病院

川越セントノア病院 総合
トップ
取り組み
施設案内
スタッフ紹介
イベント紹介
入院案内
職員募集
病院新聞
病院の沿革

病院短信

2007年10月

「暑さ、寒さも彼岸までだよ」
と、雪深い新潟の田舎に住んでいた頃、母親がよく言っていました。
それにしても今年の夏は『暑い』の一言でした。軒並みの最高気温更新、夏日を通り越して猛暑日の記録更

新、連日の熱中症の注意予報、新聞に悲しい記事も載っていました。
高齢になると環境適応力が低下すると言われています。患者さん達も暑くて散歩に出られない日々、「食欲は大丈夫か」「水分摂取は十分か」「睡眠は十分に取れているか」「熱は出さないか」と職員にとっては気苦労の多い日が続きました。
9月も半ばを過ぎ、夕暮れの訪れが日ごとに早く感じられるようになりました。夕暮れの音楽、朝の目覚めの音楽も秋音色に変わってきました。
今日は中秋の名月。彼岸も過ぎようとしている今、移り行く季節はゆっくりと、しかし確実に『秋』へと私達をいざなって行きます。自然の摂理とは偉大なものだと実感しています。

 

看護部長 住安 秀子