春日部セントノア病院

川越セントノア病院 総合
トップ
取り組み
施設案内
スタッフ紹介
イベント紹介
入院案内
職員募集
病院新聞
病院の沿革

病院短信

2006年6月

 風薫る5月、新緑が眩しい季節、1年中で一番いきいきと輝く季節のはずなのに、今年の気候はそうとも言えないようです。例年に比べてこの時期の日照時間が極端に短く、6月も曇りや雨が多い見込みとか・・。そのためか、葉物を中心とした野菜の価格も上昇し、直接家計にも響いてくるようになりました。地球環境の変化がもたらす影響がこんなところにも出ているようです。
 先日、高齢者医療費の負担増が提案されたと新聞で目にしました。今国会で成立予定の医療制度改革関連法案の柱の一つである後期高齢者医療制度(2008年に創設される予定)で、現行の老人保健制度を廃止して設置されるというもので、ただでさえ医療費がかさむ75歳以上が対象となるとの事です。超高齢化社会を迎えた日本、高齢者を取り巻く環境は年々厳しさを増しているようです。
 当院は、安心・安全・安楽そして患者さんの笑顔の見られる看護・介護を目標に1病棟・2病棟を開設しました。6月1日に新たに開設する3病棟でもその思いを持ち続け、少しでも患者さんやご家族のお力になれる様、職員一同がんばっていきます。

看護部長 住安 秀子

 

【5月に出会ったこと】

 

◆端午の節句 5月6日(土)14:00〜 各病棟デイルームにて

病棟デイルームに、鯉のぼりがおよいでいます。患者さんと一緒に作った兜をつけて記念撮影!綱に通した鯉のぼり、対抗戦で力を合わせて送りました。がんばれ〜!!病棟ごとに企画したゲームに、加わることを楽しむ人が増えて来ました。この日のお昼は春をイメージした行事食でした。

 

◆母の日を前に感謝の集い

日本舞踊“志茂柳流舞踊研究所”の門下生の皆さんによる舞踊と唄のひととき。かわいい天杏ちゃんと万里ちゃんのご挨拶もよかった!8歳の万里ちゃんによる越後獅子の仕草に会場から「かわいい」と拍手!!明里さんの中学生とは思えない美しい身のこなしに見入りました。そして大御所嘉栄先生、嘉保さん、小刀祢さんの妖艶な舞に会場一同うっとり・・・。「また来てネ」ある患者さんはいつまでも拍手をして涙されていました。
職員一同から舞踊研究所の皆さんへカーネーションの花かごが、病棟職員から各患者さんへはメッセージ付きのカードが手渡されました。

 


【お知らせ】


◆3病棟オープン

2月1日に開棟した1・2病棟がほぼ満床となったため、6月1日より3病棟をオープンいたしました。
この病棟は、主治医の山田先生を中心とした新規病棟スタッフが、1・2病棟と同様、患者さん本位のきめ細やかな看護・介護を実践していきます。